オフィスで使用するハンコにはシャチハタタイプが最も需要が高いです。

オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?

ハンコを依頼する

パソコンの普及により書類で文書を回す機会もオフィス内ではめっきりと減ったかもしれません。
しかしながら重要書類を始め、経理の帳簿、稟議書などはまだまだ紙で印刷して担当者のハンコを必要とする場面も多いのです。
オフィス内でハンコは社員全員が持っている事務用品の一つになります。
オフィスで使われるハンコにはどのような製品があるのかを詳しく見ていきましょう。
まずスタンダードなのはシャチハタです。
受け取り印として、書類を閲覧したというチェック印としてなど幅広く使えることができるハンコです。
これは正社員、派遣社員、契約社員などの雇用形態に拘わらずそこのオフィスで働く全員が持っていることが望ましいハンコです。
安い製品なら100円ショップなどでも購入することができますが、インクがなくなってしまったらそれで終わりとなってしまいます。
オフィス用品を専門で販売しているところから購入すればインクを継ぎ足して使用することができますので、使用頻度が多いオフィスではそちらのほうが適していると思われます。
シャチハタ印にも様々なタイプがあります。
最もオーソドックスなのがハンコが一つだけついているキャップタイプの製品です。
もしも訂正印等を利用する機会が多い方は、大きさの異なるハンコがついているツインタイプの製品もあります。
ハンコの一方が通常サイズで反対側に訂正印用の小さいサイズのハンコが付けられています。
ハンコをいくつも用意する必要がありませんので訂正印の使用頻度が高い方は便利でしょう。
またシャチハタを利用する機会が多いと、その都度キャップを外すのが面倒に感じませんか?
また使用後にキャップを閉め忘れて中のインクが乾いてしまったり、キャップを無くしてしまったという経験がある方も少なくはありません。
キャップがついていないシャチハタ印もあるのです。
これははんこを押す時にそれが中から飛び出る仕組みになっています。
利用頻度が高い方にとってはおすすめのタイプです。
ボールペンと一体型になっているシャチハタもあります。
これなら洋服のポケットに差しても持ち運びできます。
オフィス内で移動することが多い方にとってはこのようなタイプのシャチハタが便利かもしれません。
データ印もオフィスでの使用頻度が高いです。
日付とその人の名前が刻印してあるハンコです。
これは毎日自分で日付を調整する必要があります。
こちらもインクが内臓してあるタイプが大半で、無くなったらインクを補充して長期間使用することが可能です。

関連リンク

  • 意外かもしれないんですけど、IT機器はビジョン。複合機の情報が充実しているのはここです。

Copyright (C)2017オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?.All rights reserved.