消耗品をきちんと管理することでその使用量を抑えることができます。

オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?

消耗品を管理する

事務用品やデスク、パソコンの配線等々、オフィスで使われている消耗品の数を数えたらかなりの量になると思います。
そしてそれは従業員が多く働くオフィスほどより多くの消耗品を必要とするのです。
業務上必要だからという理由でそれらを購入していくとその費用もかなり高くなることが考えられます。
どこのオフィスでも経費削減を推進していますから少しでも消耗品にかける費用を削減しようと努力しているところも多いと思うのです。
その費用削減の方法について考えてみましょう。
ひとつは販促品を利用することです。
多くの企業が消耗品の購入をインターネットやカタログから専門店に依頼しているケースが大半です。
それらの値段は全て一定だと思っていませんか?
オフィス用品専門販売店でもセールを時々開催しているのです。
それらの販促品を利用すればいつも以上に安く購入することが出来るのです。
使用頻度や需要が特に高い製品は、セールで購入したほうが断然お得だと思います。
まとめ買いをすることで安くなることがあります。
自分たちのオフィスだけではその数が多すぎると思われた場合は、自社の支店やグループ企業に聞いてみて共同で購入すると言う方法もあります。
常に整理整頓を心がけておくことです。
消耗品の管理を担当する部署は、それらの整理整頓を常に心がけておきましょう。
その理由は在庫数をきちんと把握するためです。
きちんと整頓されていないとその消耗品が不足していると判断して注文してしまう可能性が出てきます。
すると必要ない消耗品まで大量にストックしておくことになってしまうのです。
社員へのコスト意識を高めることです。
消耗品の担当部署だけが節約に励んでも効果は上がりません。
社員全員に対して使用に関する心構えやコスト意識を強く認識させる必要があると思います。
そこで社員全員に対してそれを促すメールを送るのも手段の一つだと考えられます。
持ち出しを管理することです。
オフィスによっては許可を必要とせず自由に消耗品を持って行くことができる所もあります。
しかしこのような方法だと消耗品の管理がずさんになります。
社員によってはプライベートで使用する分までも持ち出してしまう方がいるのです。
そこで担当部署が誰がいつ何の消耗品を持ち出したのかをきちんと書き留めておく、担当部署の許可なしで持ち出すことができないようにしておけば管理が徹底できます。
またそれにより社員も必要以上に持ち出ししなくなるでしょう。

Copyright (C)2017オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?.All rights reserved.