社員のリフレッシュのためにお菓子ボックスを導入するオフィスも増えています。

オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?

社員のリフレッシュのために

疲れていると甘い物が食べたくなりませんか?
それは体や脳が働くときにエネルギーを多く必要とするからです。
エネルギーとして使用するのは糖分です。
朝ごはんで炭水化物をしっかりと摂るようにすすめられるのは朝から脳や体をきちんと働かせる為なのです。
仕事で頭を使っていると体を動かしているわけではないのにお腹がすくことがありますよね。
それもまた脳がエネルギーを使ったからなのです。
そうすると甘い物が無償に食べたくなったりしませんか?
それは体が失われたエネルギーを補給しようとする自然現象なのです。
そこでオフィスにお菓子を持ち込んでいる方、非常に多く見られます。
以前テレビ番組で見たのですが、男性、女性を問わずオフィスの机の中にお菓子をたっぷりとストックしてある方が非常に多かったのです。
もちろんそれがどの職場でも許されるわけではありません。
接客業の方は何か食べながらお客様に接するわけにはいきませんし、電話応対しているときに何か食べながらだと相手に対しても失礼になります。
それでも仕事の合間をぬって甘いものを食べたいという欲求が出てくると思います。
そんな時に手軽にエネルギーを補給できるお菓子は役立ちます。
しかしたまたまお菓子を切らしていた、買いに行く暇がない、近くにお店がないという状況も考えられます。
そこで会社にお菓子の販売機を置くサービスを利用しているオフィスも多いのです。
私が以前勤務していた会社でもそれが置かれていましたが、かなり好調で、需要も高かったのです。
それは自動販売機のような大きな機械を置くわけではありません。
プラスチックのケースにお菓子が入っており、決められた場所にお金を入れて自分で好きなお菓子を取っていくという仕組みとなっているのです。
お菓子の値段は一律で決められている場合がほとんどです。
これをオフィスに設置するメリットについて考えてみましょう。
社員のリフレッシュになります。
疲れていてお菓子が欲しいなと思ったときに手軽に購入することが出来ます。
誰かにお菓子をもらったりするのも気がひけるし、わざわざ買いに行くのも面倒くさいという時でもオフィス内で気軽に買うことが出来ます。
それにより仕事の能率がアップできます。
エネルギーを補給しないと脳も働くことが出来ません。
それなのに空腹を我慢して仕事を続けていてもその成果が十分に上がらないことが多いのです。
それなら少しでもお菓子を食べてリフレッシュしてエネルギーを補給したほうが仕事の効率向上につながるのです。

Copyright (C)2017オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?.All rights reserved.