通信費も削減が可能です。固定電話をひかり電話やIP電話にすることで費用削減が可能となります。

オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?

通信費も下げられる

電話、インターネット、携帯電話など通信費の増大に悩む企業も多いのではないでしょうか。
仕事上必要ということで社員一人一人に携帯電話を持たせている企業も多いと思います。
また仕事上海外のやり取りが多い企業は国際電話も使用する頻度が高いでしょう。
少しでもそれらにかかる費用が削減できるように通信費についてもオフィス内で見直しをしてみましょう。
まずは電話代です。
一般企業ではまだまだ固定電話の使用頻度も多いです。
そこでその通信費をまずは削減できるのかを考えてみましょう。
今現在NTTの回線を使用されているオフィスが多いかもしれません。
それをIP電話やひかり電話に変える事も可能なのです。
IP電話やひかり電話を導入すると月々の基本使用料を抑えることが出来ます。
ひかり電話に関してはプランにもよりますが基本料金が500円程度から利用することが可能となっています。
今まで支払っていた基本料金の3分の1以下に経費を抑えることが出来るようになります。
電話回線を複数持っている規模の大きなオフィスならその削減効果もかなり大きくなると思われます。
携帯電話会社を見直してみましょう。
携帯電話会社ではそれぞれ法人向けのプランを出していますが、会社によっては同じ携帯電話会社を使用している人同志の通話が無料となったり、会社に拘わらずどこの携帯電話にかけても定められた回数、時間内であれば通話が無料になるプランを提供しているのです。
それらを上手く利用すれば携帯電話にかける通信費を大幅に削減することが出来ます。
また社員に持たせる携帯電話をプライベート用の携帯と併用させるのも有効です。
基本的に会社が社員に携帯を持たせている場合は、その通信記録まで会社がチェックするので私的使用はできないことになっています。
しかし中には不正に利用している社員も少なくはありません。
携帯電話会社によっては一つの携帯端末に二つの番号を持たせることができますのでそれを利用すればプライベートと仕事も分けることが出来ます。
そうすれば社員も携帯電話を二つ持ち歩く必要がなくなります。
また会社も端末の購入費用を削減することが出来ます。
無料通話アプリを利用しましょう。
ビジネスの場でもスマホを利用している方が増えています。
それらで利用できるアプリには無料で会話ができるアプリも多数あるのです。
それを利用すれば通話料金を大幅に削減することが可能です。
社員同士の会話にはそれを使うことができますのでオフィス内全員に携帯電話を持たせる必要性もなくなります。

Copyright (C)2017オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?.All rights reserved.